カンボジアから技能実習生を受け入れるメリット

subpage01

カンボジアの技能実習生は真面目で素直な人が多いです。穏やかな性格であまり自己主張をしませんが、仏教徒で協調性を大事にしています。
日本人が尊重している和をよく理解出来るので、日本に溶け込むのが上手いです。


上司や現場の職員の指示に素直に従ってくれます。


日本の文化に馴染むのも早いと高い評価を受けています。

カンボジアの人材派遣はとても支持されていて、受け入れる企業も安心して雇えます。
カンボジアは経済発展がまだまだで、東南アジアの国の中でも最も貧困な国ではないかと言われています。日々貧しい暮らしをしているので、熱心に働いてくれます。

平均賃金が安いので企業からは歓迎され、相乗効果をもたらします。
日本はどんどん高齢化社会が進んでいるので、若い働き手が不足していっています。

技能実習生を受け入れた民間企業には、新しい風が吹き始めているほど影響力があります。

カンボジアの技能実習生は日本との相性がとても良いです。

送り出し機関というものがあり、カンボジアの政府から認定された送り出し機関が若者の教育をしています。

カンボジアの技能実習生に関する特集の情報が満載です。

具体的な内容は語学研修や技術教育などです。
日本に送り出される技能実習生は、送り出し機関の厳しい基準に合格した人だけなので信頼性も高いです。

受け入れる方法は2つあります。



1つは企業が単独で受け入れる方法です。


この場合は、海外の現地法人用の職員として雇われる事が多いです。

もつ1つは団体監理です。



団体が受け入れて、傘下の企業で技能実習をします。