活力に溢れるカンボジアからの技能実習生

subpage01

外国人技能実習制度は発展途上国の若者たちを日本企業が受け入れ、実務経験を通して技術と知識を習得させて本国の経済発展に貢献してもらうことを目的としています。


外国人技能実習生を受け入れる企業のメリットは国際貢献ができるだけではありません。
世界中から仕事に対する強い意欲を持ち活力に溢れた若者たちを受け入れることで、職場の活性化や生産効率の向上を図ることも可能です。
また企業が将来的に海外進出を計画する場合にも、まず外国人技能実習生を受け入れることで企業内を国際化し現地雇用のノウハウを習得することができます。
少子高齢化が進む日本では企業の労働力確保が重要な課題です。

カンボジアの技能実習生情報を簡単に調べられます。

多くの企業が国際化を意識する時代となりました。


発展途上国から技能実習生として日本を訪れる若者たちは高い労働意欲を有しており、雇用を安定化させ企業活動を支える貴重な戦力となります。

特にカンボジアはアジアにおける日本の重要な友好国の1つです。

これまで日本はカンボジアに対する多額の経済援助に加えて、同国の内戦時代に設置された地雷の除去作業を自衛隊が行うなど様々な支援を行ってきました。

そのためカンボジアの人々は日本に対して友好的な感情を抱いています。



同国から訪れる技能実習生たちは、送り出し機関によって選定され能力的な優秀さが保証されるだけでなく勤勉に仕事を行うことが期待できます。

カンボジアの若者たちは優れた能力と高い労働意欲を持ち、日本に対して友好的で活力に溢れています。

彼らを技能実習生として受け入れることが、雇用の安定化や業務の効率化につながり日本企業の発展に貢献することになります。