カンボジアの技能実習生

subpage01

外国人技能実習生が年々増加の傾向にある中、カンボジアの人たちの人気が高まっています。


国民の約9割以上が仏教徒で、親日家が多いことで知られています。

カンボジアの技能実習生の有益な情報のご紹介です。

カンボジアは東南アジアの中でも安定した経済成長を続ける西にタイ、東にベトナムの間に位置し、発展が遅れているのもあり今後の市場としても魅力ある国です。


人口約1560万人を擁し、日本では世界遺産のアンコールワットで知られ、近年世界1位といわれる規模の水上生活者が暮らす湖、トンレサップの風景がテレビで見かけられるようになりました。



カンボジアの技能実習生に共通していえることは、サブカルチャーだけでなく日本製品に対しての憧れがあります。


争いごとを好まず、首都プノンペンなどに見られる交通渋滞では特にイライラすることもなく、時間の流れに身を任せるのんびり感が漂っています。



隣国のタイ人はフレンドリーで都会的、ベトナムは積極的でパワフルな国民性と違って、本来の東南アジアのイメージ通りの恥ずかしがり屋の性格のひとが多いのが特徴です。家族思いで年上のひとを敬う奥ゆかしさがあります。
敬虔な仏教徒が多く、用心深く慎重に物事をすすめ、仲良くなると心を開く点は、日本人との共通点も多いことでカンボジアの技能実習生を積極的に受け入れるところが増えてきました。


また、カンボジアの送り出し機関では、平均3ヶ月〜6ヶ月間の日本語教育を行ない、入念に技能実習生を選抜していますので、安心です。